2着までオークスへの優先出走権が与えられるフローラS(G2)。


無題

桜花賞2着馬・アスコリピチェーノはNHKマイルCに向かう模様。
桜花賞5着馬のエトヴプレは葵Sに出走予定。

葵Sは、2018年から重賞となり、2021年からG3に格付けもされて、このレースに向かう有力馬も増えてきそう。その分、距離が長そうだと思えば無理してオークスに出てこない傾向となるのでしょう。


無題

●東京11R フローラS(G2)

◎カニキュル(北村宏・菊沢)

・キャロットF2頭出し。
スプリングS(G2)、ダービー卿CT(G3)でもキャロットFは2頭出しを敢行。見事優勝に導きました。

・賞金400万円でオークスに出走するためにはここで2着以内確保が必須。

・芝2000mでデビューした馬。
11月に芝2000m未勝利戦で勝った後、あわてず騒がず3月のフラワーS(G3)が今年初戦。
桜花賞は見向きもせず、オークス出走へ照準を合わせてきました。
前走フラワーCでは着順こそ6着と悪いですが、4角相当外に回されながらも上々の伸び脚。
コース取りさえよければ、勝っていた可能性すらあると思っています。

・北村宏騎手、阪神JF・桜花賞での相棒アスコリピチェーノがNHKマイルに向かう模様。
オークスでの騎乗馬がなくなりました。
この馬で何としてでも優先出走権を取っておきたいところでしょう。

〇ラヴァンダ(岩田望・中村)
・中村厩舎2頭出し。
中村厩舎はフィリーズRでも2頭出しで3着(桜花賞優先出走権)を確保。
得意の権利取りパターン?

●京都11R マイラーズC(G2)

◎リューベック(浜中・須貝)
・須貝厩舎2頭出し、金子真人HD2頭出し。

・5歳馬ですがまだ11戦しか使われていません。
ここのところ、着順は悪いですが、出遅れなどで得意の先行の形が取れなかったもの。
今回は内枠を引けました。
逃げ馬不在のレースで、新馬・若駒Sで勝っている逃げの手にも出られればより良いか?

〇ソウルラッシュ(団野・池江)  競馬ランキング