G1・26勝+海外G1・5勝の角居調教師
G1・14勝の石坂正調教師、同じくG1・14勝の松田国調教師はじめ
西浦、湯窪、田所、西橋、星野の8調教師が今週で引退されます。


西橋調教師は、最終週に出走馬がありませんが
ほかの7調教師は最後の勝負です。

もはや次の舞台へ思いは移っているのか、世界のスミイが最終週出走1頭、
息子の石坂公一さんがすでに調教師となっている石坂正調教師もラスト1頭のみ
と若干さみしいが、
他の定年調教師さんは最終週・全力勝負の構え。
無題
マツクニ厩舎は、小倉は鮫島良騎手に全権委任。
西浦厩舎の小倉はほぼ浜中騎手に全面的に任せてきました。
浜中騎手、鮫島良騎手とも全敗は許されないでしょう。

まずは土曜日。
引退調教師の最後の花道を祈ってこちらも、基本は単勝勝負。


●阪神2R
◎クリノドラゴン(武豊・湯窪)

引退調教師、最終週の初勝ちはこの馬に期待。
外国産馬2頭は強そうだが…。

湯窪調教師は、昨年も今年も武豊騎手には一度も依頼していない模様。
最後の最後はユタカにお願いしてみたい、という感じでしょうか。

〇キャリアリズム

●阪神3R
◎メイショウカークス(幸・西浦)

西浦厩舎ゆかりのホッコータルマエ産駒。
しかも当時の主戦の幸騎手。
幸騎手、西浦先生の最後を飾ってほしい。

〇ジュノー

●阪神4R
◎ガレス(福永・松田国)

新馬戦に続いて福永騎手に依頼した松田国調教師。
芝では斬れなかったようだが、500kgを越える大型馬。
化けてもおかしくない。

〇グランメテオール

●阪神7R
◎ニシノダンテ(和田竜・田所)

田所厩舎2頭出し。
田所調教師、最後の勝負馬でしょう。
和田竜騎手、期待に応えてほしい。

〇ベストチャーム

●小倉7R
◎ケルンキングダム(鮫島良・松田国)

5歳未勝利馬。
格上挑戦を続けてきた未勝利馬ですが、昨年の札幌では3連闘&中1週での凄まじい戦いでも4連続2着となってしまいました。
マツクニ先生としては、この馬は絶対に自分の手で未勝利を脱出させねばならぬ、とおもっているのでは。

〇ピノクル

●小倉8R
◎エターナリー(浜中・西浦)
小倉で西浦調教師に全権委任されている浜中騎手。
ここは必勝の鞍でしょう。

〇オーバーリミット

●小倉10R
◎タニノヨセミテ(鮫島良・松田国)

松田国×鮫島良コンビの第2弾。
小倉の未勝利戦で後方一気を決めた馬。
鮫島良騎手、変に道中動かず直線一機で勝負してほしいです。

〇ブルームスベリー

●小倉12R
◎ホッコーアカツキ(浜中・西浦)

大外枠。
となりに同型がいるが、西浦調教師の最後でもあり、単騎で逃がしてくれる??
のでは??
浜中騎手、一発狙ってほしい。

〇プエルタデルソル


【どうぞよろしくお願い申し上げます。】